アクセスカウンタ

<<  2005年3月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
ゴーストシップ
ゴーストシップ 特別版 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/03/20 20:13
ジーナ
 サム・ライミ製作総指揮の女戦士ジーナのヒロイックファンタジーもの。TVシリーズの番外編かなにかか映画の尺です。自分勝手に「これくらい」の映画だなって気持ちで見てると、「これくらいプラス」くらいに楽しめるのが、これくらいの映画。結構派手な映画で充分、プラスで楽しめる。『HERO』や『マトリックス』なんかのイイトコをちょっと持ってきたりして美味しい。女戦士ジーナと相方女戦士の元に日本から助けを求められる。過去にジーナが日本でしたことにより多くの人が浮かばれず死界をさまよっていて、そのことにもけじめ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/03/20 07:48
RED SHADOW 赤影
 ドリフのコント以下で笑えもしない学芸会のような映画。あほくさ。中にはちょっと面白くなるかもというところがあるのだが、物語の次に続かない。冒頭の侍が蜂の巣を斬って、ハチミツをナメるなんていうのは組み合わせがイイのだが、それだけで終わってしまう。途中に張りぼての戦車が秘密の兵器として登場するが、それだけ。決して、張りぼてとして活躍するでなし、また別に本物が出てくるわけでもなし。脚本が練られておらず行き当たりばったりなのであろう。奥菜恵のかわいい顔したヘボ演技も興ざめ。なんなんでしょう。映画会社も、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/03/20 07:47
レディ・キラーズ
 ポーの大鴉を諳んじるインテリ役がトム・ハンクス、一人暮らしのおばあさんの家に下宿し地下室からトンネルを掘り始めるのだが……。出てくる登場人物が変な奴ばかりで愉快なんだが、話がありきたりで、正直面白くない。料理人がベストで、スパイスもいいのだが素材が悪かったのでしょうか。橋の上から死体をぽーんぽーんと廃棄物運搬船の上に落とすとこなんかは、繰り返されるたびにニヤリにやりとしてしまう映画的充実感。ちょっと真抜けたアメフト選手の、ヘルメットの中からのカメラワークは大いに笑った。相手選手のごつい顔、倒さ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/03/19 21:32
インソムニア
 白夜のシーズンを迎えたアラスカで起こる殺人事件。L.A.から二人の刑事が派遣されるが、捜査中にひとりが撃たれてしまう。その現場を見ていたのが……。日曜の夜にはちょうどよい刺激。白夜で寝不足というシチュエーションが面白いハズだが、映画の中ではそれがナカナカ伝わってこない。普通の映画だって、日中から、次の日へとワンカットで進みますから、多少くどくしとかないと、表現しきれません。そして、殺人事件そのものは普通な感じで物足りない。犯人も飄々としていて緊迫感がない、R.ウィリアムスがいまいち、最近中途半... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/03/19 08:07
ビッグ・バッド・ママ
 古き良きアメリカ、肝っ玉母さんと娘二人の生きざま。マシンガン片手に銀行強盗したり、男どもを手玉にとって暮らしたり、そして、母娘を巻き込んだ五角関係にもなっているようだが、あっけらかんとしていて、これが"古き良き"なのか、映画のB級故なのか? モラルはさておき派手さが映画のお楽しみ。派手とってもロジャー・コーマン作品なのでそこそこだが、陽気で楽しめます。私が小学生か中学生の頃に公開されたかそのときすでにもう古かったか。『エイリアン』のダラス船長トム・スケリットや、『スター・トレック』カーク船長ウ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/03/13 22:35
サイコ 2001
 この映画の原作者であるイアン・バンクスの『蜂工場』を前に読んでいたので借りて見た。あの小説のような、異常な思考・感情といった奇妙な世界があれば面白かったろうに、この映画には何もない。猟奇殺人も起こるが、淡々と話が進み、少年時代の回想が挟み込まれ、すべてがそれほどには重要ではなく(感じられ)、静かに終わる。物足りなさより、映画が終わってよかったという嬉しさしか残らない。全編かったるく面白くなかった。ごめん。 サイコ 2001 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/03/13 19:59
バトルスター ギャラクティカ-サイロンの攻撃-
 高いクオリティのSFXとレベルの低いストーリー展開のミスマッチからか1シーズンで終わってしまったTVドラマ『宇宙空母ギャラクティカ』(1978年)。その後も小説が出たり、フィギュアが出たり地道な動きは続いていた模様。そして、いつの間にかCGを使ったTV映画ができていました。私の評価は、出来は悪くないという消極的な褒め言葉です。  オリジナルのストーリーを新解釈でなぞり、そのなぞり具合が面白いので、オリジナルを見てから見るのも一興。ただ、3時間もの長尺は長いので2時間にまとめればもっと良くなる... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/03/07 21:33
シューティング・フィッシュ
 公開時に見たとき、小気味よくかつ気持ちよかったことを思い出したので、借りて見た。孤児の二人組が、豪邸に住む夢のために詐欺でお金を集めまくる。音声操作の偽コンピュータを売りつけたり、劇場チケットを送りその留守宅を狙うとか。犯罪とはいえ、映画だとちょっとした悪戯ぐらいに見えてしまって愉快。でも、金は貯まるが思うようには使えない、といった話の展開。軽快な進み具合のストーリーで、迎えるラストはハッピーエンドとなるか否か。詐欺ばかりでないいろいろなエピソードが詰まっていて楽しい小品だが、なんといっても、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/03/07 12:50

<<  2005年3月のブログ記事  >> 

トップへ

今日見たっきりの映画 2005年3月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる